ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
PCL2013第21節 vsジュ ブリーレ鹿児島(+トップ試合雑感)
泣く子も黙る某大手企業の陰湿かつ横暴な“いじめ”のような無理難題の要求に振り回され、2週連続で土・日出勤を余儀なくされたため、今日が7月に入って初めてのパルセイロ観戦。
逆転勝ちで愛媛FCレディースとの“オレンジダービー”を制した先々週のPCLと、薩川監督率いるFC琉球を新加入選手の躍動で撃破した先週のJFL、見たかったぁぁぁ~~・・・(泣)

と心身共にお疲れ気味で向かった久々の南長野ではあるが、容赦ない夏の陽射しがモロに突き刺さるものの、低いスタンドと広い空、そしてすぐ目の前に広がる世界レベルの素晴らしい緑のピッチを目にすると清々しい気分になり、疲れがスーッと抜けていく感じ。
s-P7210155.jpg

やっぱりこのスタジアムは最高だ。
Jリーグ規格の新しいスタジアムも夢が広がる完成予想図に今からワクワクしているが、選手の息遣いを間近で感じる事が出来る今のスタジアムが今日を入れてあと3試合で無くなってしまうのは本当に寂しい限りだ。

そんな南長野に迎える今日の相手・ジュ ブリーレ鹿児島は、去年は12チーム中9位でウチより上位でフィニッシュしたし、ホームゲームでは2-3と敗れているため、自分の中では京都や愛媛と並んで『あと一歩追いつきそうで追いつけない直近のライバル』という認識ではあるが、今年は勝ち点がここまで僅か1と苦戦しており、京都も愛媛も撃破して現在絶好調のレディースとしては、ここも是非とも勝っておきたいところ。

果たして今の勢いを持続して連勝記録を伸ばせるか、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ・レディース 3(1-0・2-0)0 ジュ ブリーレ鹿児島
s-P7210154.jpg

試合は今の順位を象徴するようにウチがボールを持って攻め上がる時間が圧倒的に多い展開だったが、鹿児島も守備陣が果敢にボールに向かって詰めてくるプレースタイルで、その積極的なプレスでパスコースを消されてなかなか決定的なスコアリングチャンスを作れない時間が続く。

それでも、前半27分に#11橋浦さつきが斬れ込んでシュートしたボールがGKに当ってこぼれたところに詰めていた#24内山朋香が押し込んで待望の先取点をゲット!
「そろそろ点が欲しい・・・」と思っていた時間帯に首尾よくゴールして試合の主導権を握れたのは非常に大きかった。

これで勢い付いたレディースは、後半も立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛け、後半5分に#6吉田葵が敵陣中央のセンターサークルの縁あたりから放ったロングシュートが見事にゴール右隅に突き刺さり、反撃したい相手の出端を挫く追加点。
更に試合終盤の後半38分にはディフェンスリーダーの#18田中菜実がこれまた見事なミドルシュートを決めて3点目。

結局シュート数でも16-3と圧倒して先制~中押し~ダメ押しと効果的に点を取り、守っても#18田中菜実・#23小松美里・#25篠原志穂子のディフェンスラインを中心に鹿児島の攻撃をゼロに抑える快勝で、6月9日の福岡戦での“アップセット”から引き分けを挟んで5連勝という快進撃!
これで、試合数は他のチームより1~2つ多いながら勝ち点を22まで伸ばし、順位も“夢の一桁”である9位に浮上!

去年とはチーム数や試合数が異なるので単純に比較は出来ないが、去年とは先発メンバーの顔ぶれもあまり変わっていないにもかかわらず内容も結果も去年までとは格段に良くなり、改めて本田美登里監督の指導力に感心すると共に、去年まではずっと悔しい思いをし続けていた選手達の見違えるような自信に満ちた躍動と試合後の最高の笑顔が見られて、自分も本当に嬉しい限りだ。

そして次節、7月最後の試合である来週は、現行南長野総合球技場の最後を飾るメモリアルゲームだ。
その対戦相手・清水第八プレアデスは、大原時代からお互いしのぎを削ってきたライバルであり、記念すべき試合の相手としては最も相応しいチームだと思うし、そんな清水に是非とも勝利し、この愛すべき南長野の有終の美を飾って欲しい。
s-P7210159.jpg


そして・・・

JFL2013第21節@滋賀県東近江市布引グリーンスタジアム
MIOびわこ滋賀 1(0-2・1-3)5 AC長野パルセイロ

JFL昇格から今まで1分6敗と“鬼門”の関西での初勝利は、我等がエースストライカー#10宇野沢が4得点の大爆発で久々の大勝!
琉球戦では#27岡田・#28青木のレンタル移籍組が活躍して勝利したが、既存組が彼らの動きに触発されたのかウノのゴール量産に加えて#7佐藤も久々にゴールする事ができ、新加入の若武者のおかげでしばらく停滞していた流れが再び大きく動き出しそうな予感だ。

これでウノはゴールランキングも琉球の高橋選手を一気に抜いて首位に立ち、更に夜の試合でカマタマーレ讃岐が佐川印刷に敗れたため、チームも4月20日にアウェイでソニー仙台に敗れて首位を陥落して以来、実に3ヶ月ぶりに首位に再浮上!・・・と、今日は男女共に最高の結果となった。

トップの次節は、今日ウチの首位返り咲きの“援護射撃”で讃岐を撃破した佐川印刷SC。
首位のチームを破って波に乗る印刷はウチにとって大の苦手チームだし、特に最近のウチは藤枝や横河など守備の堅いチームを攻めあぐねてスコアレスドローに終わってしまう試合が続いているだけに今回も苦戦が予想されるが、トップチームとして現行南長野での最終戦でもあり、今日もレディースの試合後にサマーキャンプの宣伝アナウンスをして会場から大歓声を受けた“モミちゃん”こと籾谷真弘氏の引退セレモニーもあるため、ここは苦手だろうがなんだろうが、どんなに不恰好な形でもいいから、何が何でも勝たねばならぬ!

遂にやってくる現行南長野とのお別れには、敗戦という落胆やドローというモヤモヤではなく、堅い堅い印刷の守りを突破して“勝利+首位堅持”という最高の結果をピッチとスタンドに置いていきましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ダブル勝利とトップの首位復帰おめでとうございます。
お仕事頑張っておられるぼーさんへの「ごほうび」になりましたね。

南長野は良いスタジアムなので、淋しい気もしますが、生まれ変わって更にすばらしいスタジアムになってほしいですね。
佐久のスタジアムにも行ってみたいです。
2013/07/21(日) 22:15:41 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
本当に男女共に最高の結果となって嬉しい限りです。
その反面、遂に現行の南長野で試合が見られるのも男女1試合ずつとなり、観客100人そこそこの頃から通っていた自分としては言い様のない寂しさがありますが、最後は思いっきり楽しんでこの素晴らしいスタジアムを心に刻みたいと思います。
そして、佐久での試合はJR小海線の中込駅からシャトルバスも出るそうなので、是非一度佐久へもお越しください。
浅間山と八ヶ岳が見渡せる、とても美しい街とスタジアムですよ。
2013/07/26(金) 21:00:40 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
東近江市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/07/22(月) 09:02:49 | ケノーベル エージェント
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.