ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
南長野ファイナルイベントより【エルザ~パルセイロOB戦】(+トップ試合雑感)
ちょっと時間が無くて先週の南長野ファイナル関連のイベント記事を書けないでいたが、まことに遅ればせながら、永遠に残したいメモリアルイベントの事をぼちぼちアップしたいと思います。

まずは順位不動で恐縮ながら、日曜日に行われたエルザ~パルセイロOB戦の模様を、自分が注目した懐かしい選手を中心に。
なお、メンバー表については公式HPをご参照ください。

s-写真00152
まず写真中央はご存知“オレ達の大典”こと佐藤大典選手。
スタンドに入って出場選手がアップしているピッチを見た時、真っ先に目に入って「わ~っ、大典だ!!」と思わず口にしてしまったが、こうして再び南長野で大典のプレーが見られて本当に嬉しかった。

そしてその隣は、自分がエルザと出会った時のエース、鹿田誠一郎選手。
当時の日本代表は「フォワードの選手が点を取れない」と批判を浴びていたが、そんな中でエースナンバーの10番を背負っていた鹿田選手はほぼ毎試合確実にゴールを決めており、その後ウチも数々のストライカーが在籍したが、自分の中で鹿田選手の存在は、極端に例えれば現在のエース・宇野沢選手よりも大きかった。

ちなみに、この試合は後ろに控える御大・丸山朗元代表が裁いた。
長野エルザサッカークラブの創設に大きく関わった一人であり、クラブの代表としてサッカー不毛の長野市でこのクラブをこれだけ大きく魅力的に育て上げた功績は素晴らしく、自分の中では“神”のような存在の方だ。

s-写真00146
大典選手と競り合っているのは、オレンジチームの攻撃陣で最も目立っていた“カズ”こと和田智一選手。
現役時代はサブとしてあまり出番はなかったが、ひとたび出場するとゴールめがけて思いっきりピッチを走り回る魅力的なプレースタイルで、今の選手に例えたら#8田中恵太選手みたいな存在だった。
そして、この試合でもそのプレーぶりは相変わらずで、何度もドリブルで相手ゴールに迫る姿に「全く衰えていないな・・・」と嬉しくなったものである。

s-写真00108
まず白の19番は、少し前から応援しているサポには懐かしい“メッシ”こと飯田諒選手。
自分は現役時代の飯田選手が大好きで、「来年のオーセンユニは19番を付けよう」と思っていた矢先に現役を引退し指導者の道に進むという事で大いにショックをうけたものだが、この試合ではほぼ出ずっぱりでホワイトチームの攻撃の基点となり、見事なゴールもあげる大活躍で、「あと1~2年頑張っていたら・・・」とつくづくもったいなく思ったものだ。

そしてメッシと競り合うオレンジの選手は夏目角成選手。
自分がエルザと出会ったのは夏目選手の現役引退と入れ替わりだったのだが、以前エルザからパルセイロへ名称移管する時の記念OB戦で彼のプレーぶりを見て一発でファンになり、「あ~、あと1年早くこのチームと出会っていたら夏目選手の現役でのプレーが見られたのに・・・」と悔しがったものだ。
写真の通りこの試合でも躍動感溢れるプレーを見せてくれた夏目選手は、今でもクラブスタッフとして会場運営の第一線で活躍しており、スーツ姿で働くイケメンを見た方も多いでしょう。

s-写真00139
ホワイトチームのセンターバック、友野景市選手。
自分が今回のOB戦で最も嬉しかったのは、この友野選手と清水貴弘選手という、自分がエルザと出会った頃のセンターバック両氏のシブいプレーが見られた事だ。
当時は華やかな攻撃陣ばかりに目が行って、正直なところ守備陣に関してはあまり印象が残っていなかったが、今回両氏のプレーを見てあの頃の事がハッキリ思い出された。
でも願わくば、この両氏に葛西宏幸選手と青柳瑞木選手の両サイドバックを加えた当時のディフェンスラインを完全再現してほしかったな~・・・

s-写真00200
長野エルザ創成期の選手であり、現在はクラブの要職に就いている町田善行部長・・・もとい選手。
一時はチームのGMも務めるなど、このクラブが昔から現在まで1本の太い流れの中で成長しているのも町田部長の功績が大きく、前記の丸山元代表と並んで“神”と呼ぶに相応しいお方である。
いつもはスーツ姿で会場を精力的に回っているが、いざユニホームを着てピッチに立つと大典やメッシに負けない運動量でゴールを狙う姿にビックリで、現役時代は13番を付けていたそうだが、そのプレーぶりは今のウチの13番よりカッコよく見えた・・・と言ったら言い過ぎかな?

s-写真00197
そしてコレがこの試合のハイライトシーン。
ホワイトチームが“メッシ”飯田選手のゴールで先制した時、チームメイトはメッシではなく町田選手の元に集まり、ナゼか部長が胴上げされてしまいました。
コレはきっと、現在は町田さんの“部下”となっている同じチームの#2の企てでしょう!?

そんな訳で最高に楽しかったOB戦。
試合内容は両チームとも大マジのガチンコ勝負でなかなか点が入らず、予想外(選手の皆様失礼!)に白熱した展開で、土橋選手や籾谷選手など最近まで現役だった選手の存在が霞んでしまうほどオールドプレーヤーの方々の活躍が目立った。

自分はこの試合はいつものホーム側ではなく、観戦1年目の定位置だった現アウェイ側で見ていたのだが、メンバー中半数くらいの選手は残念ながら存じ上げないものの、観客100人そこそこだった当時の様子が思い出されて本当に有意義だった。

この試合を見てスゴいと感じたのは、お歳を召した方もいて運動量に差はあったものの、出場した選手全員が現在のパルセイロに通じるパスサッカーをやれているという事。
これはクラブ創成期から現在までチームコンセプトが一貫している事の現れであり、この“継続性”こそがこのチームの強さの秘密なんだと改めて痛感した。

この企画、今後も是非とも続けて欲しいものです。今度は新生・南長野落成の時にでもいかがでしょうか?
なにはともあれ出場選手の皆様、楽しいひと時をありがとうございました!
そして何より、本当に本当にお疲れ様でした!!
s-写真00013


そして・・・

JFL2013第23節@神奈川県・大和市営大和スポーツセンター競技場
Y.S.C.C. 1(0-0・1-1)1 AC長野パルセイロ

試合は後半10分に先制されるも直後に#7佐藤のゴールで追い付き、結局ドローで連勝は3でストップ。
下位チーム相手に勝ち点3を取れなかったのは少々残念だったが、スタッツを見るとシュート数はウチが15本で相手が13本と“撃ち合い”の様相を呈しており、きっと攻撃的チーム同士の意地がぶつかり合った見応えのある試合だったんじゃないかと想像する。
2位の讃岐はHondaに勝ったため、何とか得失点差で首位はキープしたものの勝ち点で並ばれてしまったが、これも自分の中では想定内であり、今はとにかく変な形での連敗だけはしないで上位に喰らい付いていれば、チャンスはまたどこかで必ずやってくるだろう。

次節はいよいよ佐久での初試合。
そして相手は、アマチュアサッカー界の雄・Honda FCという事で、佐久の皆様にサッカーの楽しさを知ってもらうには最高のカードといえるだろう。
ここでスカッと勝利して、これから1年半お世話になる佐久の地で好スタートを切ろうじゃありませんか!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
楽しそうなイベントの様子が伝わって来る文と写真ありがとうございます。
かつての選手で今もクラブを支えている方々が多くおられるのは嬉しいことですね。
2013/08/05(月) 00:47:16 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
“かつての選手で今もクラブを支えている方々が多くおられる”というのが、このクラブの一番の強みであり魅力でもあります。
これからこのクラブはもっともっと大きく成長すると思うけど、いつまでも『長野エルザSC』の血が脈々と流れ続け、県や地域リーグ時代の“素朴さ”や“親しみやすさ”が残る、そんなクラブになっていってほしいものです。
2013/08/05(月) 20:44:45 | URL | ぼー #-[ 編集]
エルザOB会長の小池さんに教えてもらい、ブログを拝見させて頂きました。
当時から現在に至りパルセイロを応援していただきありがとうございます。
今回は色んな方々の御好意によって南長野に帰ってくることができました。
僕としても、あの当時のDFラインを組みたいところではありましたが、メンバー構成上難しいとの事でした。

当時のサポーターの方々がいてくれたおかげで今のパルセイロがありますので、J1に上がりトヨタカップでマンチェスターユナイテッドと対戦する(丸山代表の夢です)その日まで、引き続きサポートをお願いいたします!
2013/08/17(土) 23:39:36 | URL | NO.7 友野 #-[ 編集]
NO.7 友野様
コメント本当にありがとうございます。
かつての名ディフェンダー様から直々にコメントいただき、本当に感激です!!
OB戦での清水選手とのコンビはあの頃と全く変わっておらず、本文にあるように自分の中の記憶がハッキリ思い出されてとても嬉しかったです。
あの頃から比べるとクラブも見違えるほど成長しましたが、名前は変われどチームコンセプトはあの頃から1本の太い流れで繋がっており、友野さんを始め当時からのメンバーがいるからこそ、今のパルセイロがあります。
そういった意味で、自分はこの素晴らしいクラブを作り上げてきたOB選手達を本当に尊敬し、誇りに思っています。
当時は誰からも信じてもらえなかったような壮大な夢が、もう手の届くところまできています。
我々サポや、それ以上に友野さん始めOB選手達が真剣に追い求めてきた夢を実現できるよう、そしてその夢の更に先の夢である対マンU戦(個人的にはバルサ戦希望。笑)が実現するまで、これからもご一緒に、このクラブを熱く応援していきましょう!
2013/08/21(水) 20:24:03 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.