ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
PCL2013最終節 vsJAPANサッカーカレッジレディース(+トップ試合雑感)
今日はトップが金沢でレディースが新潟と、比較的“近場”のアウェイで日程が重なってしまったが、自分は迷わず新潟行きを選択。
その理由として、まずはチャレンジリーグが今季最終戦で、この後も皇后杯はあるものの今年のレディースの試合を見られる最後のチャンスだから。
そしてもう一つは、今年のレディースがどこまで成長できたかを見極めたかったから。

対戦相手のJSCLとは成績が拮抗しており、向こうの昇格初年度の去年はウチがブービーでJSCLが最下位ながら勝ち点は同数、そして今年もここまでウチが10位でJSCLが勝ち点3差の11位と、まるで北信越時代のライバル関係が女子の部で再燃(ただし比較的低いところで。。。)したような感があるものの、去年の直接対決2試合を見た限りではJSCLの方が内容的にずっと“良いサッカー”をしており、1敗1分という対戦成績も悔しいけど“順当”と認めざるを得ないという認識が自分の中にある。

そんなJSCLとの今季唯一の直接対決が図らずもリーグ最終節に組まれたという事は、今年のウチがこの1年間でどれだけ成長できたかを図る意味では絶好のタイミングであり、まさに今年のレディースの“集大成”ともいえる戦いだと思う。

そんな訳で上越ジャンクションで大方のパルサポの皆様とは逆方向に進路を取り、今でも語り草となっている籾谷選手の逆転サヨナラダイビングヘッドゴールで死闘を制した3年前に「もう二度と来ねぇゾ!!!」と大見得切って後にしたJSCグランドに、まさかこんな形で再び戻ってくるとは思わなかったが、リーグスポンサーの立て看板が設置されていた以外はあの時と変わらない懐かしい景色の中で行われた、泣いても笑っても今季最後のリーグ戦、その結果は以下の通り。

JAPANサッカーカレッジレディース 3(2-0・1-1)1 AC長野パルセイロ・レディース
s-P9220004.jpg

ミャンマーで行われているAFFの大会に日本選抜として参加している#11橋浦さつきの代わりに#22青島雅を入れて臨んだこの試合、立ち上がりこそウチもパスを繋いで攻める時間もあったものの、やはり前線に橋浦がいないせいか攻撃にスピード感に乏しく、徐々にJSCLの流れになってくる。

JSCLはボールへの寄せや体の入れ方がウチより一枚上手で、中盤で簡単にボールを奪われると素早いパスで前線へ繋ぎ、2トップにボールが渡ると見事なステップで確実にシュートまで持ってくる。
特に#10鳥海麻衣選手の威力は物凄く、彼女がボールを持つとウチのディフェンス陣がズルズルとその動きに引きずられ、ボールを奪いに行こうとすると難なくかわしてゴール前に斬れ込んでくる。

そして前半9分に喰らった失点も、鳥海選手にウチのディフェンスが集中して大きく開いた反対側のスペースに入ってきた#9中島亜弥香に絶妙なパスが入りフリーで打たれてしまったという、敵ながらホレボレするような見事な連携によるものだった。

こんな早い時間での失点はちょっとショックだったが、その僅か2分後にはディフェンスラインのパスミスを相手に奪われフリーで難なく決められて追加点を許すという失態を演じてしまう。
完全に守備を崩されての1点目はまぁ仕方ないとしても、不用意なミスが原因となった2点目はいただけない。
結局、2点先行されたウチは焦りからかプレーにも正確性を欠き、悪い流れのまま前半終了。

そして後半は、それまで海の方角から吹いていた横風(北風)が強くなり、更に風が上空で巻いているのかウチにとっては逆風となる東風も時折吹いて天候上も不利な状況となってきたが、それでも#10浦崎優香のサイドアタックを中心に徐々に反撃に転じ、後半26分、その浦崎が右サイドから放ったミドルシュートがゴールネットに突き刺さり、ようやく1点を取り返す。

さぁ、ここからだ!・・・と長野から駆け付けたサポの応援にも力が入ったが、その10分後、前出の“ボールを持たせたらヤバい”JSCLのエース・#10鳥海の見事な個人技で痛恨の3失点目を喫し万事休す。
この結果、今シーズンのレディースは9勝1分12敗、勝ち点28でJSCLと同点ながら得失点差で抜かれて最終順位は11位で終える事となった。(台風で順延のバニーズ京都vs静産大の結果によっては12位に落ちる可能性もあり)

今日の試合に関して言えば、やはりミスが引き金となった2失点目が大きかった。
勝負の世界に「たら、れば」はタブーだが、あの失点が無かったら、結果はどうあれもう少し違う展開になっていたかもしれず、非常に悔いの残る最終戦となってしまった。

そして自分にとってのテーマだった「今年のレディースの成長度を見極める」という事に関して言えば、残念ながら相手の良い点ばかりが目に付き、現実の厳しさを突きつけられたような感じだった。

そんな感じで少々後味の悪い終わり方となってしまった今年のPCLだが、それでもシーズン全体を通してみると、強豪の福岡や日体大に勝利したり、引き分けを挟んで6連勝したりと結果を出しており、詳しい総括は後日書くとしても、本田監督を迎えての“チーム改革元年”のシーズンとしては“及第点”を与えてもいいんじゃないかと思う。

リーグ戦は今日で終わってしまったけど、この後は2年ぶりの出場となる皇后杯も控えているので、選手達に「お疲れ様でした!」と労いの言葉をかけるのはまだ早い。
まだまだ課題も多いけど、少しずつでも確実にチームとして成長している事は間違いないし、選手達は気持ちを切り替えて前を見据え、皇后杯1回戦突破を目指して頑張ってほしい。
s-P9220007.jpg


そして・・・

JFL2013第26節@石川県西部緑地公園陸上競技場
ツエーゲン金沢 1(1-2・0-0)2 AC長野パルセイロ

北信越のライバルであり天皇杯“ジャイキリ”チーム同士の激突、そして何よりウチにとって優勝を狙う意味で絶対に負けられない重要な試合を、#10宇野沢の開始2分の先制弾と#8田中恵太の前半ロスタイムの決勝点で見事に勝利!
スタッツを見るとシュート数こそ5-10とダブルスコアの少なさだが、直接FKは14-7と逆にダブルスコアの多さだし、オフサイドが13-0という事は、シュートまで持っていけなくてもウチが攻め込む場面が多かったという事だろうか?(それにしてもちょっと“引っかかり過ぎ”だけどね。。)
いずれにしても、リーグ戦はここ3試合引き分けが続いて少々モヤモヤしていただけに、エース・宇野沢が先制し、インタビューの度に「試合に出たい、ゴールを決めたい」と答えハングリーさを見せていた恵太が相手に一番ダメージを残す時間帯での“有言実行”ゴールと、携帯速報を見る限り最高の形で勝ち切る事ができて気持ちもスカッとした。
更に首位の讃岐が秋田に敗れたため首位返り咲きという二重の喜びだが、その勝ち点差は僅か1だし、リーグ戦はあと8試合も残っているから油断は禁物。
次節は久々にホーム・佐久での開催で、対戦相手は現在12位のHOYO大分だが、このチームには今年はアウェイで3-1で勝っているものの、去年は2敗しており自分の中では少々苦手意識がある。
今日の勝利を無駄にしないためにも、自分の中にある大分への苦手意識を払拭するような戦い振りで快勝してしっかりと勝ち点3を積み重ね、悲願の優勝に向けて勢いをつけてほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
遠征お疲れ様でした。
レディースが最終節を勝利で飾れなかったのは残念ですが、今年の成長を更に来年につなげて行ってほしいですね。

トップも首位返り咲きおめでとうございます。次も頑張って下さい!
2013/09/23(月) 07:21:10 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
レディースの最終戦を勝利で飾れなかったのは残念でしたが、去年までの事を思えば今年の成績は十分満足しています。
来年は今年以上に飛躍できる事を大いに期待しています。
そして、これからは首位に返り咲いたトップの応援に集中!
今年こそ悲願の優勝に向けて、このまま突き進んでいって欲しいものです。
2013/09/26(木) 21:51:10 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.