ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
JFL2013第31節 vsソニー仙台FC
早いもので今週から11月に入り、JFLも残り1ヶ月となったところで、我等がパルセイロはおそらく今シーズン最高・・・いや、クラブ創設以来最高といっても過言ではないほどの好調ぶり!
先週は難しいコンディションの中で苦しみながらもしっかり勝ち切って、22試合負け無しのJFLタイ記録を達成し、2位の讃岐に勝ち点4差、得失点差も11差を付けて首位の座を固め、悲願のJFL初優勝がいよいよ現実味を帯びてきた。

そんなチームにとって、今日は大きな意味を持った試合になるだろう。
対戦相手のソニー仙台はここまでの30試合で失点は26、すなわち1試合当たり平均失点が0.86点という非常に守備の固いチーム。
今季のソニーは開幕から上位を維持し、大震災や企業スポーツ逆風の苦境を乗り越えて“北の門番”復活を思わせ個人的にはとても嬉しいのだが、いざ直接対決となると、ウチとしてはこういったタイプのチームを大の苦手としており、非常に厄介な存在だ。
現に今年はアウェイでの対戦で敗れ、今季僅か2敗のうちの1敗を献上しており、今日の試合でそんな相手の堅守をウチらしい攻撃で崩して勝利してこそ、真に強い、優勝するに価するチームといえるんじゃないだろうか。

美濃部パルセイロの“進化”と“真価”が問われる試金石ともいえる大事な大事なこの試合、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 5(2-0・3-0)0 ソニー仙台FC
s-DSC_1529.jpg

とにかく今日は1点を争う神経戦になるぞ・・・と覚悟してキックオフの笛を聞いたが、その予想は意外に早く、良い意味で裏切られた。
立ち上がりからウチがグイグイ押していた展開の中、前半7分に#5大橋のミドルシュートが糸を引くようにゴール右隅に吸い込まれ、欲しかった先取点をパルセイロがゲット!
s-DSC_1370.jpg

出ました、大橋の十八番どっかんミドル“ハシ・スペシャル”!!!

大橋といえば、大学卒業後にベガルタ仙台に入団し、その後東北社会人リーグのNECトーキンで活躍するなど宮城県には深い縁があり、彼にとってソニー仙台はトーキン時代の社会人サッカーの憧れでありライバルであり大きな壁として思い入れの深いチームだろう。
そんなソニー仙台との“最後の対戦”(ウチは来年はJ3にいくため)という事で、ゴール後に何度も何度も高々と拳を突き上げてガッツポーズをするハシの姿に、きっと彼の万感の思いがボールに乗り移ってゴールに運ばれたんだろう・・・と思えた、魂のこもったビューティフルゴールだった。

このゴールで選手達の動きは更に積極的になり、高い位置からどんどんプレスをかけて相手に全くペースを作らせず、ひとたびボールを持てば積極的に前へ前へと攻撃を仕掛ける。
また、そんな選手達の躍動にスタンドも応えて、ナイスプレーに対する拍手や掛け声などの反応も普段の試合以上に良く、スタジアム全体がイケイケドンドンな最高の雰囲気に包まれると、前半16分、パスカットから素早いパスワークで展開し最後は#11畑田がフリーでボールを受けて相手GKを冷静にかわしてゴールに流し込み2点目!!
s-DSC_1435.jpg

あの堅守のソニーから僅か16分間で2点も取れるとは・・・と、喜びと同時に軽い衝撃すら覚えるような感じがしたが、目の前で展開されているプレーを見ていればその結果も必然。
今までのウチは引いて守ってくる相手に対して横や後ろにこねくり回すように無意味なパスを繰り返す煮え切らないプレーが多かったが、今日は『前へ、前へ』の意識が非常に強く、人もボールも縦横無尽に面白いように動き、また前記のように相手がボールを持っても厳しいプレスを仕掛けたり果敢にインターセプトを狙ったりで相手のミスを誘い容易にボールを取り返せる。

そんな感じで完全にゲームを支配したウチの勢いは後半になっても衰えず、後半6分には相手ボールのインターセプトしての速攻から#14高野のグラウンダークロスを黒髪・七三分けの“さわやかサラリーマン青年”風にイメチェンした#7佐藤が合わせて試合を決定付ける3点目を決めると、なおも攻撃の手を緩めず、後半25分には今日キレキレの動きで大活躍の#11畑田が絶妙のスルーパスをフリーで受けて4点目、その3分後には斜め後方という難しい角度からのフリーキックを#3大島が見事に頭で合わせて5点目とダメを押し、まさに“確変大フィーバー”状態!!!
s-DSC_1471.jpg
s-DSC_1502.jpg
s-DSC_1515.jpg
(ちょっと前の某局5分番組で「髪型にも注目してほしい」と言っていた悠希だけど、この髪型は逆方向で思い切ったイメチェンでしたな~)

そんな訳で戦前の『厳しい戦い』という予想は大きく外れ、23試合連続無敗のJFL新記録を、堅守を誇るソニー仙台から5点を奪う“爆勝”で飾った。

それにしても、今日のゴールも5つともホレボレするような美しいものばかりで、しかも5つとも違うパターンから生まれており、改めてパルセイロというチームの高い創造性に感服する。
それになにより、今までの堅守チームに対する腰の引けた戦い方から一変して前へ前へと向かう強い気持ちが表に出てきたし、どんなに優位な展開になっても力を緩めず「もっともっと点を取りたい」、「絶対に失点はしない」と90分間貪欲にプレーする姿勢が見られるなど、メンタルが飛躍的に強くなった事が本当に嬉しい。

冒頭でこの試合を『美濃部パルセイロの“進化”と“真価”が問われる試金石』と表現したが、今日の結果と内容を見て、自分はAC長野パルセイロこそが今年の日本フットボールリーグの頂点に立つに相応しいチームであると確信した。
このまま自信と誇りを持って自分達のサッカーをやり切れば、遅かれ早かれ優勝は向こうの方からやって来てくれるだろう。

次節はブラウブリッツ秋田をホームの佐久に迎え撃つ。
秋田は強力な個の力を持ち現在6位と上位につける難敵ではあるが、今の“自信”が“慢心”や“過信”に変わって気持ちに隙を作る事なく、また優勝の文字に縛られて堅くなったり「ウチが勝って2位の讃岐が負ければウチの優勝が決まる」なんて皮算用して変な色気を出す事なく、目の前の試合に集中して貪欲に勝利を掴み取りましょう!
s-DSC_1563.jpg

【 追記 】
本文中でもちょっと触れたが、来年からウチはJ3に行く事になるため、ソニー仙台との対戦はひとまずこれが最後という事になる。
ソニー仙台といえば現在のJFL創設時からずっと第一線で活躍する古豪クラブであり、自分が長野エルザを応援し始めた頃は、まさに“雲の上の存在”ともいえる憧れのチームだった。
そんなチームと同じ土俵の上で対戦する事ができるだけでも光栄だったのに、最後の対戦でこんな大差で勝つ事ができるとは本当に感慨深いものがある。
ただ、結果的には圧勝させていただいたが、それでもソニーの選手達は最後まで気持ちを切らさずに1点を取りに果敢に攻め込む姿勢を見せ、そのひた向きなプレーに名門企業クラブの心意気を見たようで胸を打たれた。
来年以降、そんな素晴らしいクラブと対戦できなくなるのが残念で仕方ないが、ソニー仙台の選手の皆さんには、Honda・佐川印刷・横河武蔵野といったその他の企業系クラブと共に、これからもアマチュアサッカーの魅力を発信し新生JFLを盛り上げていってほしい。
そして、折しも今日は東北楽天ゴールデンイーグルスがプロ野球日本一となったが、その他Jリーグのベガルタやbjの89ersなどの人気プロチームがある仙台で、たとえマイナーでもいつまでも地元のサッカーファンに愛される存在であり続けてほしいと切に願っている。
3年という短い付き合いだったけど、被災地巡りという貴重な体験がができたことも含め、ソニー仙台という素晴らしいチームと対戦できた事を心から感謝します。
s-DSC_1540.jpg
s-DSC_1538.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
快勝おめでとうございます。チームの成長は嬉しいですね。

天皇杯のマリノス戦も近付いてきましたね。仕事帰りに新横浜に行こうかな・・・と妄想しています。
2013/11/04(月) 09:50:34 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
本当に予想外の大勝でした。
それにしても、天皇杯でJチームを破ってからのチームの成長はそれまでになく急激なもので、一つの勝利や経験が選手達をここまで大きくするのか・・・と驚かせます。
今度の天皇杯はさすがに平日なので自分は行けませんが、その代りその前の日曜日のアウェイ相模原戦は参戦予定です。
前日は新横浜で今季初のアイスホッケー観戦も楽しんでの泊りがけ遠征で、土曜日はバックスの勝利、日曜日は相模原で優勝の瞬間に立ち会えればと期待しています。
2013/11/04(月) 17:09:09 | URL | ぼー #-[ 編集]
16日の新横浜、私も行きます。
バックス、絶対勝ってほしいですね!
現地でお会いできるのを楽しみにしています。
2013/11/05(火) 21:59:24 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.