ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
JFL2013第32節 vsブラウブリッツ秋田
今朝、起きぬけに居間に下り、「さて、ウォリアーズの記事でも読みますか」と新聞を手に取った瞬間、自分は確信した。

今日の試合でパルセイロは優勝を決めると・・・

え、なんでかって?
やだなー、そりゃそうでしょう。
だって明日は新聞休刊日じゃないか!!

と、小粋なアメリカンジョーク(←????)を軽く一発カマしたところで・・・

さて、野球でいえば“マジック2”、ゴルフのマッチプレーでいえば“アップドーミー”、よーするに優勝に“条件付き王手”をかけて迎えたこの試合、対戦相手のブラウブリッツ秋田とはJFLでの対戦成績が4勝1分と相性もいいが、その唯一の引き分けが今年春のアウェイゲーム、試合終了間際に相手のエース#10松田選手に同点ゴールを食らって勝ち点2を失う悔しい思いをしているだけに、ちょっと今年はウンザリするほど耳に入ってあまり使いたくないけど、「あの時の倍返しだ!」の意気込みでガッツリ“なまはげ退治”をして宮城の試合結果を待ちたいところ。

「今日は大荒れ」という天気予報に反して、雨雲は広がるもののなんとか天気が持ちこたえた中で始まった運命の一戦、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(0-0・1-0)0 ブラウブリッツ秋田
s-DSC_1806.jpg

前半は概ねウチがボールを支配し、ウチらしいパスワークで秋田のゴールに迫るものの、秋田も高い集中力を持ってガッチリとゴール前を固め、シュートコースを開けてもらえない。
ウチも決して悪い感じではなく、選手達からもゴールへ向かう強い気持ちは感じられたのだが、秋田の堅い守りに加えて、やはり優勝に対する意識からかほんの少し動きが硬く思い切ったプレーができないように感じられ、なかなかシュートまで持っていけない。

一方、秋田もシンプルな縦へのパスからウチの裏を狙って攻め込むが、全幅の信頼を持って見ていられるウチのディフェンスラインが冷静に対処し、また中盤から前線の選手も果敢に相手にプレスをかけてスコアリングチャンスを作らせず、お互い個の力では互角な両者の、まさに一進一退の息詰まる攻防が続いたままスコアレスで前半終了。
s-DSC_1704.jpg

秋田も強力な得点源となる選手はいるものの、例によってウチの鉄壁な守備のおかげで失点されるという空気は感じられなかったが、2位の讃岐の動向にかかわらずここは是非とも勝利して宮城の結果を待ちたい。
でも、優勝に対する最後の試練のように緊迫した展開に「こりゃ今日は我慢比べになるぞ・・・」と気を引き締めて臨んだ後半は、前半に比べて動きがよくなったウチが押し気味に試合を進めると、後半12分、遂に歓喜の時が訪れる。
ハーフウェイライン付近でボールを奪うと、素早いパス交換から最後はサイドに開いてフリーでボールを受けた#15が西口が放ったシュートが相手GKの手をかすめてゴールに吸い込まれる!
見事ゴールを決めた西口は、胸の拳でエンブレムを叩いて渾身の“ドヤ顔”でガッツポーズを作り、仲間に自分の得点をアピール。
本当にこの西口という男、新卒ルーキーとは思えないくらい大舞台でも動じない大したヤツだ。
s-DSC_1773.jpg

そして、自分はゴールシーンの直後に携帯の速報で宮城の試合をチェックしたのだが、その時に一瞬自分の目を疑い息を飲んだ。
西口がゴールを決めたのと全く同じ時間に、ソニー仙台も得点してカマタマーレ讃岐から1点リードを奪ったのだ。
これを見て、「讃岐が負けてる!」と周りの人達に教えようかと思ったのだが、この情報が広がってスタンドが浮足立ってしまってはダメだ、観客も目の前の試合に集中しなければ・・・と思い直し、ノドまで出かかった言葉をグッと飲み込んだ。

ただここが自分のヘタレなところで、この情報を知った瞬間から動悸が激しくなって顔が火照り、カメラを構える手も震えだし、3分おきくらいに更新ボタンを押して向こうの状況を確認する有様。
「落ち着け、落ち着け」と自分に言い聞かせても、どうにもソワソワして居ても立ってもいられない。

と、そんな自分の気持ちを知ってか知らずか、ピッチの中が不穏な空気になってきた。
前半は安定したジャッジだったレフリーが突如としてウチに不利な不可解極まる笛を吹きだし、後半32分に#15西口が、37分に#7佐藤が、共に遠目からではそれほど悪質とも思えないプレーに簡単に2枚目のイエローを出して退場処分となり、ロスタイムを含めて残り10分あまりを9人で戦わなければならない状態となってしまった。
“大荒れ”だったのは天気じゃなくて試合の方だったなんて、シャレにもなんにもなりゃしない・・・

この信じられない展開に観客席から激しい怒号やブーイングが沸き起こったが、選手達は天皇杯でJ2の北九州相手に1人少ない状態で延長戦30分間を守り抜いた自信からか、圧倒的に攻め込まれるものの決して浮足立つ事なく、必死な中にも常に冷静さを忘れない落ち着いたプレーでゴールを死守し、これまた度を超えるような長い長いロスタイムを乗り越え、遂にタイムアップの笛が鳴る。

それと同時に控えやベンチ外の選手達が大喜びで飛び出し、携帯速報を見るとウチとほぼ同じ5分という長いロスタイムの末に1-0でソニー仙台勝利の報が入り、この瞬間、AC長野パルセイロのJFL2013年シーズン優勝が決定した。
s-DSC_1876.jpg

それにつけても、冒頭であんなジョークを書いたけど、讃岐だって来年のJリーグ昇格に直結するリーグ優勝を諦めた訳じゃないだろうし、正直まだ今日は優勝が決まるという事などほとんど頭に無かった。
でも、秋田のハイレベルなプレーやレフリーの不可解なジャッジに苦しみながらも、その他の全ての事がウチに大きく味方をしてくれた。

まずは、優勝するためのもう一つの絶対条件だった宮城の試合で、ウチと全く同じ時刻にソニー仙台がゴールするという、偶然の一致にしては出来過ぎな、強い運命を感じるような展開で、2位のカマタマーレ讃岐が敗れた事。(ソニーさんグッジョブ! 最高の“援護射撃”をありがとう!!)

そして、「大荒れ」という予報に反して最後まで持ってくれた天気。
帰宅して親に聞いたところ、長野市では1時ころから嵐のように激しい雨と風が吹き荒れていたそうで、これがもし南長野での開催だったら、優勝どころかまともに試合なんかできなかったかもしれない。
南長野改修で佐久にホームを移していたのが、大事な大事なこの試合にこんな形で功を奏するとは思わなかった。(佐久市上空の雨雲さんグッジョブ! 今にも泣き出しそうだったのに最後まで堪えてくれてありがとう!!)

そして何より、こういった“奇跡”とも思えるような幸運を引き寄せて堂々勝利と優勝を掴み取った選手達に心からの拍手と感謝の言葉を贈りたい。

今から23年前の1990年、サッカー不毛の長野市から全国で通用するチームを作ろうと立ち上げた長野エルザSCが、幾多の苦難を乗り越えながら少しずつ成長してAC長野パルセイロと名前を変え、後発の松本や金沢にJFL昇格で先を越されるという悔しさを味わいながらも、遂に日本アマチュアサッカー界の頂点に立つ事ができた。
発足当時は周囲から全く相手にされなかった、そして自分が応援を始めた9年前にもあまりに遠くて全く現実的でなかった壮大な夢を、遂に叶える事ができたのだ。
それを考えると、こうして実際に優勝を勝ち取った選手やスタッフの皆さんの他に、長野エルザという素晴らしいクラブを作り育ててきた歴代の選手や関係者の皆さんに、「我が街、長野にこんな素晴らしいサッカークラブを作ってくれて本当にありがとうございます」と最大限の感謝の言葉を贈りたいと思う。

試合後、JFLの桑原理事長から宇野沢キャプテンに優勝カップが授与された。
思えば3年前のJFL昇格初年度、本当は開幕カードだったのが東日本大震災の影響で最後の試合に回された、今は無きSAGAWA SHIGA FCとのアウェイ戦で、相手が優勝を決めてカップを掲げて喜ぶ姿を遠目に眺めながら「このリーグにいる間に絶対あのカップを長野に持ってくるんだ」と思っていたが、ラストチャンスである今年にその思いが叶い、今後も脈々と続くであろうJFLの歴史に“優勝”という最高の形でパルセイロの名前を刻む事ができたのが本当に嬉しい。
s-DSC_1978.jpg

もちろん、美濃部監督が言うように我々の最終的な目標はもっと高いところにあり、この偉業もあくまでも通過点の一つにすぎないが、今はこの最高のひと時を存分に味わう事にいたしましょう。

改めて、この素晴らしい栄誉を勝ち取った選手・スタッフ・ボランティアの皆々様、本当に本当におめでとう! そして本当に本当にありがとう!!

AC長野パルセイロ2013年シーズン“結心”、今ここに結実!!!

s-DSC_1614.jpg
s-DSC_2000.jpg
s-DSC_1966.jpg

・・・と、ここで終わればカッコいいんですが、そこは不肖このブログ、自分で自分を落としにかかります。
最後にもうひと叫びさせてください。
冒頭のネタ振りで、もう皆さん何と叫ぶか分かってますね。

それでは皆さんご一緒に、天皇杯2回戦の時と同様に万感の思いを込めて・・・

何で明日は新聞休刊日なんだぁぁぁーーーっっ!!!

でも現地での号外はしっかりいただきました。まるで優勝する事が分かっていたかのように“なーのちゃん号”を佐久陸に派遣した信毎さん、グッジョブ!!
s-PB100002.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます。
本当によかったですね!
応援し続けたぼーさんたちへのこの上ない贈り物ですね。
嬉しい雰囲気の伝わって来る写真もありがとうございます。

次のリーグ戦も、天皇杯も頑張ってほしいですね。


2013/11/11(月) 07:42:12 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
初コメさせて頂きます!昨日佐久に行けず、実感が湧いてなかったのが、ブログ読ませて頂いて涙が溢れました…>_<…優勝したんだー…>_<…
2013/11/11(月) 14:06:42 | URL | まこ #-[ 編集]
優勝…いいなぁ
と、優勝経験のないチームのサポーターの私が嘆いてみる。

全国リーグでの優勝って、それは重い重い価値があるものですよ。

いつか対戦する時は、J1で。
2013/11/11(月) 20:07:39 | URL | 某コテ #mQop/nM.[ 編集]
パオロロッシ様
本当にありがとうございます!
もーメッチャ嬉しいです!!
自分は9年間このクラブにかかわってきましたが、どんな事があってもクラブを信じ応援し続けてきたのが最高の形で報われました。
それにしても、今日も“12人目の敵”という外的要因も含めて本当に難しい試合だったけど、それを勝ち切る事ができるようになったんだから、本当にチームは強く逞しく成長したと実感します。
この勢いで、いっちょマリノスもやっつけちゃいますか~!! なんちゃって。

まこ様
初コメありがとうございます!
佐久に行かれなかったとの事で記念すべき瞬間に立ち会えず残念でしたが、自分の記事で優勝を感じていただけたのはブロガー冥利に尽きて自分も嬉しいです。
まこさん、我々の街の愛するチームが本当に日本一になったんですよ!
こんなにサイコーでシアワセな事ってないですよね!!
このクラブにはまだまだやり遂げなくてはならない事が沢山あるけど、とにかく今はこの快挙を心の底から喜びましょう!!!

某コテ様
うんうん、自分もサッカーに限らず歴代弱いチームばかり好きになっていたので、その気持ち大いに分かります。
ウチも北信越時代は何度か優勝の経験があるし、あの頃はとにかくカオスな状況(苦笑)だったから、いち地域リーグの優勝もそれなりに重いものがあったけど、強者や曲者がひしめく全国リーグのJFLでの優勝は何倍・・・いや、何十倍の価値がありますよね。
それにしても、これが“全国リーグ制覇”ってヤツなんですね・・・
この滅多に味わえない貴重な体験を、こころゆくまで堪能しましょう!
2013/11/11(月) 20:28:42 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.