ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
さらば獅子王!
優勝パレードにファン感と楽しかった宴も終わり、今日はJFL表彰式でパルセイロから多くの選手・監督が表彰されてとても嬉しかった。
最優秀監督賞の美濃部監督、MVP&得点王&ベストイレブンの宇野沢選手、新人王の西口選手、そしてウノと共にベストイレブンに選出された諏訪・大島・大橋・佐藤の各選手、本当におめでとうございます!

と、そんな非常に嬉しいニュースのあった日ではあるが、今日は先日の弊ブログ記事の中で予告した通り、地域リーグ時代から長い間チームに貢献し、今回契約満了となったこの選手の事について書いてみたいと思う。

背番号13、FW、藤田信選手、愛称マコ
s-s-写真00120

長野エルザSCからAC長野パルセイロに名称が変わって2年目の2008年に、過度な成長戦略から経営破綻に陥ったフェルヴォローザ石川・白山FCより移籍してきた藤田選手。
それ以前の2003年にJAPANサッカーカレッジで最優秀選手、2005年に同じくJSCで得点王に輝くなど、北信越リーグでは申し分のない実績を引っ提げて鳴り物入りで入団したマコは、当時の写真を見てもお分かりの通り、ファッションモデルかと見紛うような長身で長い手足のスラッとしたスタイルと、端正で野性味あふれるイケメンぶりからルックスの面でも“鳴り物入り”で、当時の二枚看板である“キング”兼子一樹選手と“エース”要田勇一選手というタレントにも負けない存在感を放っていた。
長髪をなびかせて鋭い眼光でゴールに迫るその姿は、まさに『獅子王』という異名がピッタリだ。
s-写真00011

そんな“女子ならイチコロ”(←昭和の表現だね)なマコだったが、兼子・要田のツートップが貪欲にゴールに迫る生粋のストライカーだったのに対し、前線でのポストプレーや潰れ役などの裏方的な仕事を自ら進んで黙々とこなすところがあり、あんな華やかなルックスとは裏腹に誰よりも泥臭いプレーをしている姿を見ると、女子だけでなくオトコも惚れ込む・・・みたいな、俳優だったら『最優秀助演男優賞』でもあげたくなるようなシブいプレーも随所に見せ、個人的には華やかなゴールシーンよりもそういった泥臭さこそがマコの真骨頂だと思っている。
s-写真00029

そんな独特の存在感を放っていたマコは、JFLというワンランク上のカテゴリーとなり有能な選手が続々と補強されてきて出場機会は徐々に減ってきたものの、ひとたびピッチに立てばスタンドから大きな拍手が湧き上がるなどサポにもとても愛され、そんな高い人気にも決して浮かれる事なく相変わらず黙々と泥臭い仕事をこなしてチームに貢献する姿に、また我々サポも魅了されていったんである。
s-写真00063

美濃部監督が就任し体制が変わった今年はベンチから外れる試合も多く、そこに追い打ちをかけるように肺気胸というスポーツ選手にとって致命的ともいえるような病気が発症し、残念ながら今回の契約満了となってしまった訳で、病気が原因での退団は何ともかわいそうな結末ではあるのだが、その反面、北信越リーグのMVPや得点王、所属チームの破綻、そしてパルセイロに入り“ムダに熱い”といわれた激動の4強時代を経てJFL昇格を経験し、その憧れの全国リーグであるJFLでも十分とはいかないまでも存在感を持ってプレーする事ができ、最後に華やかな優勝パレードを経験して長野での活動を締めるという、まさに山あり谷ありの末のハッピーエンドなここまでのサッカー人生は、マコにとって本当に充実していたんじゃないか・・・と思うんである。
s-写真00015

ところで、もう病気の方は完治したのだろうか?
ちょっとネットで検索してみたところ、肺気胸は発症の原因がまだ分かっていないそうで、だとすると治療法もまだまだ確立していないと思われ、今後もサッカーを続ける事ができるのか大いに心配だ。
(因みにこの病気は長身で痩せ形の男性に多く、しかもウソかホントか“イケメンがかかりやすい”とネットに書いてあった。 よかった、正反対の自分は100パー無いわ・・・って、マコご本人にとっては全くシャレにならない情報でしたな。 ネタにして申し訳ないッス。。。)

この病気さえなければ、マコほどの実力やサッカーに対する真摯な姿勢は、30歳の“大台”を迎える来年以降も少なくとも地域リーグクラスではまだまだ十分戦力として使えるほどのものを持っているだけに本当にもったいないのだが、今後は病気が治って現役を続けるにしても、残念ながら完治できず指導者やスタッフの道に進むにしても完全にサッカーから離れるにしても、まずは何よりも自身の健康を第一に、本人が納得し幸せになれるような道を元気に歩んで行ってほしいと心から願っている。

“華やかなストライカー”と“シブい職人”の2つの顔を併せ持った名優・藤田信選手。
我々は長野での6年間にわたる貴方の雄姿を決して忘れません。

ありがとう、獅子王・マコ!!
s-写真00083
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今年見に行ったアウェー町田戦で藤田選手のゴールを見たので、契約満了と聞いて本当に驚きました。
病気とは・・・
まずは完治させて、これからも良い人生になってほしいですね。
2013/12/05(木) 20:33:30 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
遅くなりました。
ありがとう、お疲れ様。
の言葉以外出てこない(T-T
お別れするには長く触れ合いすぎた。
2013/12/05(木) 20:58:08 | URL | まるいたろう #-[ 編集]
6年だよ。高野と同期。
2013/12/06(金) 16:18:36 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
パオロロッシ様
町田戦でのマコゴール、いいものを観ましたね!
自分はあの時はレディースのホームと重なっていて行けなかったけど、マコのゴールの報を聞いた時は「町田に行きたかった~!」と思ったものです。
マコの退団は本当に残念だけど、今後の人生が幸せで充実したものになるよう願うばかりです。

まるいたろう様
「ありがとう、お疲れ様」・・・本当にマコに捧げる言葉はこれに尽きますね。
パルセイロに在籍した選手はみんな愛着があるけど、やっぱりあのムダに熱かったHFLを戦っていた選手は我々にとって“戦友”とも呼べる特別な存在ですよね。

通りすがり様
あ・・・・引き算間違ってました。2008年からなら6年ですよね、大変失礼しました。。。
弊ブログはたまにこういったポカがあるので、今後も何かありましたらご指摘よろしくお願いします。
2013/12/06(金) 21:58:31 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.