ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
パルセイロ2013年総括~トップチーム・課題編~
さて、昨日の“栄光編”でははとにかくトップチームの良かった点ばかりを挙げてきたが、もちろん決して今年のチームがパーフェクトな訳ではなく、来年確実にJ3王者となりJ2昇格を決めるためにはいくつか課題もある。
今日はその点について、自分が思うままいくつか挙げてみたいと思う。

まずチームとして、守備に関しては今のままでも同一リーグなら十分に信頼できる安定した力を持っているので、時たま見せる不用意なバックパスや最終節の栃木戦であったように無理につなごうとして相手にさらわれるようなミスさえ無くせば、そんなに心配する事もないだろう。

一方の攻撃面では、是非とももう1ランク上の決定力が欲しい。
リーグ最多の得点を取り得点王を輩出したチームとしては何とも欲張りな話だが、個々の試合を見ていると「もっと多く点が取れていたハズ」と思える試合がいくつもあったし、天皇杯のマリノス戦では延長で再三の決定機を外して地団駄を踏んだ。
アレを全部決める力があれば、J3どころかJ2でも余裕でプレーオフ圏内に入れるチームになるだろう。

また、宇野沢選手の20得点の次にゴールを上げた佐藤選手の得点数が8つと極端に少なく、実に総得点の1/3を叩き出している大黒柱の宇野沢選手が不振に陥ったり怪我などで戦線離脱でもした場合、その代りを務められるような選手がいないのが気がかりだ。
この点についてはチームも自覚しているようで、FC琉球からストライカーの高橋駿太選手を獲得するなどの手を打っているが、ウチの場合はどんなに優れたストライカーでもチーム戦術にフィットしなければなかなか結果が出せないところがあり(横河武蔵野の冨岡選手が好例。ウチでは満足な結果が残せず1年で出戻った古巣で大きな存在感を見せている。)、人的補強に加えて今年以上に連携を熟成させ、組織で崩してどこからでも点が取れるような、真の“攻撃的チーム”を目指してほしい。
もし2桁得点を上げる選手が3人出てくるようになれば、J3優勝は後から尻尾を振って付いてくるだろう。

それからもう一つ、メンタル面では大きな成長があったものの、優勝を決めてからの最後の2戦でSC相模原と栃木ウーヴァに、共に気持ちの面で押されて負けてしまったのはいただけない。
まぁ、ウチは優勝を決めた直後だった上に2つの試合の間に天皇杯のマリノス戦が挟まっていたという事で、コンディション面でもモチベーション面でも難しいところではあったし、逆に相模原は勝てば3位フィニッシュの望みが繋がれ、栃木は勝てば最下位脱出という重要な目標があったので“勝負の綾”として致し方ない面もあるが、こういう厳しい状況の試合こそ、相手より強い気持ちで勝ちにいかなければならない。

来年から始まるJ3ではウチは優勝候補筆頭として全チームから厳しいマークを受けるのは確実なので、これまで以上にちょっとした気持ちの隙が敗戦に直結するだろう。
また、新リーグ発足初年度という事でメディアやファンからの注目も一気に高まると思うので、今までのように観客3000人以上やテレビ中継のある試合で勝てないというジンクスを完全払拭して、最後の最後まで強い気持ちを前面に押し出して戦い抜いてほしい。

そしてこれらの事以上に重要で深刻なのが観客動員の問題。
J2昇格のためにはスタジアムの他に観客動員も大きな要素となるが、去年の平均が2810人だったのに対し、今年の平均は2339人と大きく落ち込んでしまった。
申し分のない成績や他所のサポも羨む魅力的なプレーと実際の観客動員がこれほど反比例するチームも珍しいんじゃないだろうか?

この原因としては色々考えられるが、今年に限ってはやはり天候不順が一番に挙げられるだろう。
とにかく今年は、ウチのホームゲーム狙い撃ちで天気が悪い日が多かった。
信毎の優勝記念グラフに毎試合の天候も載っていたので集計してみたところ、ホームゲーム全17試合のうち晴れが8試合、曇りが4試合、雨が5試合という結果が出たが、試合は曇りでも観客が集まる開場時間前後には雨が降っていた時もあった。
また、これを南長野に絞って集計してみると、晴れが5試合・曇りが2試合・雨が4試合で、曇りの1試合は後述する3月の開幕戦だったので、実質的には雨の試合が半分を占めた事になる。
まったく、お天道様はウチになにか恨みでもあるのだろうか・・・と思わせるほどの巡り合わせの悪さだ。

また、この悪天候の傾向は特に確実に3000人越えを見込めそうな試合に強かった。
まず開幕戦(vsSC相模原)は、試合開始の頃には回復したが開場時間頃から雨が降り出し、昼頃には急激に気温が下がって雹まで落ちてくる有様だったし、南長野最終戦(vs佐川印刷)も試合前に雷を伴う猛烈なゲリラ豪雨でスタジアム外への“避難勧告”が出てキックオフが30分延期されるほどだったし、優勝を決めた秋田戦も結局佐久では雨は降らなかったものの、前日の天気予報で「明日は全国的に大荒れの模様」と脅しをかけられ出足が鈍った。
それに、多くの集客が見込まれる好カードである金沢戦や町田戦も大雨で客足が鈍り、いずれも3000人を大きく下回る結果となってしまった。

それと、予想していたより落ち込みは少なかったものの、やはりスタジアムが南長野から佐久へ移った事も動員数減少の一因だろう。
特に天皇杯の躍進でパルセイロの名前が今まで以上に取り上げられてきた9月以降、長野の人達の興味が出てきた中で、長野市など北信地方から佐久までは、ライトなファンにとっては大きな“距離の壁”があったと思う。

ただ、来年はさすがに平均3000人という数字をクリアーできるかは分からないが、今年よりは確実に増えて少なくとも去年並の動員に戻るんじゃないかと思っている。

その理由として、まずは今年6試合の“佐久通い”で長野のサポも精神的にだいぶ佐久までの距離が縮まってきたと思うし、また佐久市をはじめとした東信の方々にもパルセイロの知名度がかなり浸透して、今までになかった新たな客層を得られるという期待がある。

それに、長野は週休2日制がまだ十分に行き渡っておらず、土曜日の試合が多かった今年は見に行きたくても行かれない人もいたと思うが、J3は全試合が日曜日開催という事でそんな人達が会場へ足を運ぶチャンスも増えてくるだろう。

あと天候については、こればっかりはそれこそ“運を天に任す”しかないが、元々東信地方は長野県の中でも降水量の少ない土地柄なので、今年のように天候に振り回される事はないんじゃないか・・・と思っている。

そして何より、JFLを圧倒的な強さで優勝し天皇杯でJ1チームと互角に渡り合ったチームとして知名度や価値が格段にアップし「一度見てみたい」と思ってくれる人も増えると思うので、後はクラブや我々コアなサポがそういった人達に足を運んでもらうよう頑張るだけである。

以上、来年の栄光に向けての課題を自分なりにまとめてみたが、来年から始まるJ3は基本的には今年のJFLからの“横滑り”で勢力地図が大きく変わる事はないと思われるものの、ライバルチームは“打倒長野”を旗印にチームを強化してくるだろうし、今まで以上に厳しいリーグになる事は間違いない。
そんな中で今年のような快進撃を見せ、記念すべきJ3初代チャンピオンと悲願のJ2昇格を勝ち取るために、この場に留まることなく、もっともっと上のレベルを目指して精進してほしいと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
来年は多くの人が佐久陸に足を運んでほしいですね。
長野市からのバスツアーとかあればいいのでしょうか?

私も一度は行きたいです。日曜開催だとJ2と重なってしまいますが、ジェフが遠方のアウェーの時にでも。
2013/12/28(土) 19:44:34 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
観客動員に関しては、スタジアム問題が片付いた今となっては最も深刻な課題です。
長野市からのバスツアーもあるにはあるんですが、やっぱり根本的には長野の方々の“腰の重さ”が一番の原因なんですかね・・・
でも、クラブは安易にタダ券をばらまいて水増しなどせず、地道な営業活動でリピーターを増やしていってほしいというのが自分の願いです。
パオロロッシ様も、日程をうまく調整して是非一度お越しください。
2013/12/28(土) 23:50:29 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.