ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
謹賀新年2014
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年も自分は例年通りの寝正月で、正月3ヶ日はテレビ観戦三味だったが、その中でのトピックといえばやっぱり元日のサッカー天皇杯、横浜F・マリノスがサンフレッチェ広島に2-0と快勝して天皇賜杯を獲得し、リーグ戦の雪辱を果たした事だろう。
このマリノス優勝の一番の勝因は、やっぱり4回戦でパルセイロがちょっと揉んでやったおかげかな?
まぁ、俊輔も中沢もウチらが育てたようなモンだし。(←何様のつもりじゃ!! ・・・っつーか、そもそも中沢選手はあの試合出てなかったし。。。)

・・・という悪い冗談はさておき、自分もあの試合の“ご縁”で今シーズンはマリノスに頑張ってほしいと思っていたし、リーグ戦で優勝を逃し号泣していた中村選手を見て、あんなに恵まれた才能がありながらチームとしてのタイトルには縁遠かった俊輔に賜杯を掲げてほしいと思っていたので、この結果は素直に嬉しかった。

それからパルサポにはもう一つ、天皇杯全試合のうちジャイアントキリングを起こした試合のゴールを対象に、大会を盛り上げた“天皇杯を象徴するゴール”に贈られる『SURUGA I DREAM Award』に、2回戦のパルセイロvs名古屋グランパス戦で有永一生選手があげた2点目のゴールが選ばれ、有永選手が国立競技場の晴れの舞台で表彰を受ける嬉しいニュースがあった。
あのゴールは前半41分に出た追加点で、その時は予想だにしていなかったジャイアントキリングをグッと現実に引き寄せるような、選手やサポに勇気を与えチームを勢い付かせた本当に価値のあるものだった。
有永選手はリーグ戦でも“影のMVP”と呼んでもいいくらい豊富な運動量で攻守に大車輪の活躍をしており、この賞はそんなアリへのご褒美のように思えて本当に嬉しかった。
s-写真00072

そして今日は自身恒例の初詣として、上田市北向観音と善光寺への『両詣』を行ったが、今年は上田までの道中に大きな“お目当て”があった。 それは・・・・
s-DSC_3917.jpg
s-DSC_3925.jpg
s-DSC_3924.jpg

しなの鉄道名物(?)、
AC長野パルセイロ ラッピングトレイン!!
去年9月末から運行を開始したこの列車には是非一度乗ってみたいと思っていたが、“勝負の年”の一発目に念願かなうとは、こいつぁ~春から縁起がいいやぁ~~!!

そしてそんなパルセイロ列車に揺られて向かった北向観音と、長野に戻って向かった善光寺で家内安全とパルセイロのJ3優勝をしっかりと祈願し、新年最初の“お仕事”も無事終了した。
s-DSC_3926.jpg
s-DSC_3935.jpg

今年はパルセイロのトップチームがクラブ史上最大ともいえる大きな勝負に挑む大事な年であり、またレディースも本田体制2年目で本格的にチームが飛躍するための、またバスケの信州ブレイブウォリアーズは初のプレーオフ進出に向けての、野球の信濃グランセローズは大塚新監督を迎えて悲願の初タイトルを獲るための、いずれも非常に重要な年となるけど、そんな信州のプロスポーツチームの大いなるチャレンジを熱く後押ししながら、楽しく充実した1年になればいいな・・・と思っております。

そんな訳で、今年も1年、どうぞよろしくお願いします!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
有永選手の受賞おめでとうございます。
今年も更に頑張ってほしいですね。

ラッピングトレインも素敵です。
来年の今頃は「祝優勝・昇格!」とか書いてあるといいですね。

今年もよろしくお願いいたします。
サッカー場やアイスホッケーリンクでお会いしましょう。


2014/01/04(土) 20:16:40 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
自分は去年の有永選手の活躍を最大級に評価していたので、この表彰は本当に嬉しかったです。
しなの鉄道のラッピング列車は今シーズンいっぱいまでの予定だそうですが、同鉄道沿線で現在のスタジアムがある佐久市が属している東信地域の大きな期待が感じられ、それに応えられるような結果を是非とも残してほしいものです。

なお、自分は今年は今のところ東伏見に行く予定は立てていませんが、J3の関東遠征はレディースとの絡みもありますができるだけ行きたいと思っていますので、またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。
2014/01/05(日) 11:53:45 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.