ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
bjリーグ2013-2014 vs岩手ビッグブルズ@千曲(+パルセイロJ3試合雑感)
今日のJ3は町田での試合という事で最初に日程が発表された時点では当然行くつもりでいたが、前節の開幕戦が西が丘になったので、アベノミクスの恩恵など遥か100万光年彼方の別世界の話である薄給中小企業労働者の自分にとって2週連続関東遠征はフトコロ的にちょいとキツい・・・
という事で今日の遠征は断念し、その代り千曲市戸倉体育館で行われたbjリーグの試合に土・日連続で行ってきたので、パルセイロの観戦記がアップされるものと思っていた方にはご期待にそえず誠に申し訳ありません。

で、そのbjはレギュラーリーグも佳境に入り、現在4位に付けるウォリアーズの今週の対戦相手は前節終了時点で4ゲーム差で3位にいる岩手ビッグブルズという事で、一つ上のチームとの直接対決。
ウォリアーズとしてみれば、ここで連勝すればプレーオフをホームで開催できる権利のある4位の座の地固めができると共に、3位浮上も十分狙える位置まで詰め寄る事ができるが、逆に連敗すると1ゲーム差で5位にいる新潟に抜かれてしまう恐れもあり、同じプレーオフ進出でも4位と5位では雲泥の差であるだけに、この2連戦は今シーズン最後の大きな山場ともいえる絶対に負けられない戦いだ。

そんなウォリアーズにとって大きなアドバンテージとなる“どホーム”戸倉の熱いブースターの大声援を受けて行われた重要な連戦の結果は、土・日まとめて以下の通り。

【土曜日】
信州ブレイブウォリアーズ 93(21-17・22-16・26-21・24-20)74 岩手ビッグブルズ
【日曜日】
信州ブレイブウォリアーズ 98(29-18・12-33・20-19・23-14・OT14-12)96 岩手ビッグブルズ
s-P3160013.jpg

土曜日はほぼ危なげない試合運びで19点の大差を付けての圧勝!
ウォリアーズは出だしから各選手が積極的に動き回り、守備でもリバウンドも高い集中力を持って岩手を気圧倒。
またショットの正確性も高く、目立ったミスもあまり無く、2Qの序盤に少々もたついて1点差まで詰め寄られたもののそこから持ち直して逆に一気に差を広げ、結局一度もリードを許さない“完勝”で大事な初戦をモノにした。

そして迎えた今日の試合。
なにしろ岩手とはまだ3ゲーム差あり、そして5位の新潟も昨日は勝っているのでゲーム差1のまま広がっていないし、とにかく今日負けてしまっては何の意味もない、今日勝って初めて価値が出るだけに、何としてでも連勝したいところだったが、1Qは昨日の勢いが続いているように快調に得点を重ねて11点差を付けてリードしたものの、大きな落とし穴が2Qに待っていた。
とにかくウォリアーズはフィールドゴールが全く入らなくなり、オフィシャルタイムアウトまでの5分間を無得点という異常事態。
一方の岩手は外からのシュートが面白いように決まりだし、それで焦り出したかウォリアーズにパスミスやハンドリングミスが多発してみすみすボールを取られる場面が多くなり、あれよあれよという間に追い付き追い越されて前半終了時点では41-51と逆に10点差を付けられてしまった。

この流れは3Qになってもあまり変わらず9点ビハインドで迎えた4Q、ここでようやく本来の動きを取り戻したウォリアーズが徐々に差を詰め残り3分半で遂に同点に。
その後は両者の意地と意地がぶつかり合う一進一退の攻防が続き、岩手2点リードの残り十数秒のところで得たフリースローで再び追いついてタイムアップ。
怒涛の追い上げと執念のプレーでゲームはオーバータイムに突入した。

今季のウォリアーズはオーバータイムに持ち込めば負け知らずだが、今日もウチが先制して1~2点のリードをキープしたまま優位に進めていくと、中盤に3Pが決まって5点差まで広げ、その後は岩手も追いすがり再び2点差まで詰め寄られるも、必死のディフェンスで逃げ切り何とか勝利を掴み取った。

しかしそれにしても今日の試合は劇的だったが、この結果を呼び寄せたのは選手達の最後まで諦めない強い気持ちもさる事ながら、“どホーム”戸倉を埋めた1600人のブースターの大声援の賜物だろう。
特に象徴的だったのが4Qの中盤、岩手がフリースロー2投のうち1つを外してしまい、結果的にこれで取り損ねた1点が響いてオーバータイムまでもつれこんだのだが、あそこで岩手のスローワーの手元を狂わせたのは体育館の床が揺れるほど鳴り響いたウォリアーズブースターの大ブーイングだろう。
また、点差も大きく流れも悪くこのままいけば敗色濃厚な3Qあたりから応援のボルテージが一気に上がりだし、MCの先導ではなく会場から自然発生的に「レッツゴー、ウォーリアーズ!!」の大コールが沸き起こり、この歓声は間違いなくウチの選手の背中を後押ししたはずだ。
s-P3160003.jpg

そんな訳で、ここまでなかなか土・日の連勝が無くイマイチ波に乗り切れていなかったウォリアーズだったが、この大事な直接対決で久々に連勝する事がでたのは実に大きい。
bjのレギュラーリーグも残り12試合となりいよいよ先が見えてきたが、この厳しい連戦を最高の結果で乗り切った勢いのまま一気に突っ走っていってほしい。


そして・・・

明治安田生命J3リーグ2014第2節@町田市立陸上競技場
FC町田ゼルビア 0(0-0・0-0)0 AC長野パルセイロ

J3は去年までのJFLケータイ速報のようにスコアや経過やスタッツをリアルタイムで知る事ができるコンテンツが無いので、『J3リーグハイライト』の動画がアップされるまではどんな試合内容だったのか知る由もないが、まだチームが完全に出来上がっていない状況の中で前節大勝した強豪・町田相手に敵地でドローに持ち込み勝ち点1を得られたのは、最低限の目標を達成できて御の字といったところじゃないだろうか。
ウチは去年もそうだったがシーズン序盤はこういった“我慢の試合”が多くなると思うけど、試合を重ねるごとに戦術や連携も熟成されて夏頃には必ず強いチームが出来上がるはずだから、それまでは今日のようにコツコツしぶとく勝ち点を積み重ねていくのが大事だと思う。
来週はいよいよホーム・佐久での最初の試合だが、対戦相手の金沢は今日も鳥取に先行されたものの後半に追い付きドローに持ち込むなど、開幕から好調を維持しているようで非常に怖い相手だけに、気を引き締めて喰らい付き地元開幕戦を勝利で飾ってほしいと願っている。

PS. 今日のようにアウェイに行かれない時のために、どなたかJFL公式サイト並にJ3の試合の色々な情報がリアルタイムで分かるケーターサイトをご存知の方がいたら有料・無料を問わず是非とも教えてください!(因みに自分はまだスマホではありませんので、ガラケーでも見られるサイトでお願いします。)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2連戦の応援お疲れ様でした。
ウォリアーズの連勝おめでとうございます。プレーオフのホーム開催、できるといいですね。

無料の速報携帯サイト、私はゲキサカのサイトを見ています。J2もJ3もあります。JFLのサイトほど詳しくはありませんが。

2014/03/18(火) 22:55:44 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
岩手も強豪チームだけに連勝できて本当に嬉しかったです。
プレーオフがホームで行われるとなると、パルセイロの試合と重なってどっちに行くか悩むことになる可能性が高いですが、そんな贅沢な悩みなら大歓迎です。

あとJ3の携帯サイトですが、ゲキサカは自分も利用しています。
アレもなかなかの頻度でスコアを更新してくれていますが、様々な情報を本当にリアルタイムで発信してくれるJFL公式サイトと比べるとどうしても物足りなく感じてしまいます。
まぁ、ゲキサカあたりが普通のレベルでJFLサイトがスゴ過ぎなんですけどね・・・
でもゲキサカは無料であれだけの情報を提供してくれているのはありがたいし、今後は自分もゲキサカをメインに使わせてもらおうと思います。
情報ありがとうございました。
2014/03/20(木) 21:45:53 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.