ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
プレナスチャレンジリーグ2014第14節 vs日本体育大学(レディース~トップ夢のダブルヘッダー前編)
今シーズンはここまでトップとレディースのホームゲームがほぼ毎週交互に開催されるというローテーションだったが、先週はトップがリーグ中断期間に入り、レディースは愛媛でのアウェイ戦という事で久々にパルセイロの無い週末を過ごしたが、その代わり今日は11時から佐久でレディースのリーグ戦、15時から松本でトップの天皇杯1回戦と日程が重なった。
レディースの試合が終わってからトップの試合が始まるまで2時間ちょっとという時間差だが、試しに佐久陸からアルウィンまでクルマでどれくらいかかるか愛車のカーナビで検索したところ、まるで図ったように2時間弱で行けるという事がわかり、「こりゃもうやるっきゃないでしょ!」という事で、長野~佐久~松本と回る史上初の『信州北半分グルッと一周、レディース~トップ夢のダブルヘッダー』を敢行!!
といっても、今日1日で2試合分の記事を書くのはキツいので、時系列で今日はレディースの試合から書いてみたいと思う。

さて、先々週の福岡、先週の愛媛ときっちり2連勝して再び上昇気流を掴みかけたレディースだが、今日の対戦相手は順位・総得点・総失点とも2位という好成績の強豪・日本体育大学という事で再びウチの真価が問われる“試練の試合”となる。
とはいえ、ここまではスフィーダ世田谷や常盤木学園やスペランツァ大阪高槻などの強豪チームにも、結果こそ出せないものの去年までは見られなかったような大健闘の試合を展開しており、今日も勝敗はともかく何とか相手に喰らい付いてクロスゲームに持ち込みたいところだったが、その試合結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ・レディース 1(0-2・1-3)5 日本体育大学女子サッカー部
s-P7060001.jpg

今日の試合は公式HPに載っている本田監督のコメントと全く同じ感想だった。
立ち上がりからしばらくは、ウチも動きが良くて積極的に攻め上がる姿勢を見せていたし、セカンドボールもよく拾えてウチがボールを持つ時間が長く、大いに期待を持たせる内容だった。

しかし前半17分、相手の攻撃にほんの一瞬だけディフェンス陣が見合ってしまいマークが甘くなったところを突かれて失点を許してしまうと、これで相手の動きがグッと良くなってウチが守勢に回る時間が長くなり、それでも何とか踏ん張っていたものの前半36分には自陣ゴール前混戦のこぼれ球にまたしても一瞬だけウチのディフェンス陣の動きが止まってしまい、それを逃さずゴールに流し込まれてしまい2失点目。

これらの失点は、確かに相手のコンビネーションやシュートの正確性は素晴らしかったが、一瞬たりとも気の抜けない相手に対してほんの一瞬でもボールウォッチャーになってしまったというウチのミスともいえる悪い取られ方だった。
この失点パターンは以前から度々見られたウチの悪いクセともいえるもので、今シーズンはだいぶ守備の連係も良くなってこのような失点も大幅に減ってきたが、今日は正確で素早い日体大のパスワークに対応しきれていなかったようで、久々に悪い失点シーンが出てしまった。

この悪い流れを何とか断ち切りたい後半だったが、ウチもポゼッション的にはそんなに劣ってはいないものの、選手間の連携が悪くてパスが効果的につながらずにスピードダウンしてしまったり、ならば個人技でと#10横山が突破を図るも相手に研究されているのか3人がかりでがっちりブロックされてしまうし、もう一つの武器である#11橋浦のサイドアタックも今日は少しキレがなく不発に終わってしまった。

一方の日体大は、ウチの攻撃に冷静に対応してボールを奪うと、人数では十分足りているハズのウチの守備陣の隙間を突いて正確にパスを通してあっという間に攻め込まれ、非常に正確で効果的なシュートを打ちこまれ、後半21分と26分に連続失点を喫して勝負の行方が決まってしまった。
日体大といえば、パルセイロ・レディース誕生と同じ年に発足しEASTとWESTに分かれていた2010年からずっと対戦しているが、今年のチームはこれまでの4年間でも最強といえるもので、自分も試合中は攻守共に完成度の高いプレーに圧倒されっぱなしだった。

ただ、ウチもこれまでに比べればあまり良いところはなかったが、こんな状況でも熱心に声援したり檄を飛ばすスタンドの観客に押されるように切れかかった気持ちを奮い立たせて必死にボールを追いかけ、遂に後半31分、ゴール前の混戦から#20内山智代が泥臭くゴールに押し込んで一矢報いる得点を挙げた。
内山は豊富な運動量でいつも攻守にわたり労を惜しまずボールや相手に絡んで頑張っているが、今日はいつにも増してそのハードワークぶりが目立っており、そんな彼女の必死さが実を結んだような心を動かされるゴールで、本田監督のコメント通り、全体的に悪かった試合の中でパルセイロのプライドを対戦相手や足を運んだ観客にアピールするような強い気概を感じた価値あるゴールだった。

結局、後半30分には#26平田ひかりの今日4点目となる見事なミドルシュートを決められて1-5と惨敗し、強豪チームとの実力差を嫌というほど見せつけられてしまったが、内山の意地のゴールや、それにつながる劣勢でも最後まで諦めず走り抜けるウチらしい姿勢が見られただけでも、アルウィンに直行せず佐久まで足を運んだ意味があったというものだろう。

確かに上位に喰らい付いていくためには絶対に負けられない試合をこういった悪い形で落としてしまったのは非常に痛いが、悔しいけれどこれが現在のウチの実力だろう。
今日の試合で今のチームに足りないものは何なのかがハッキリ分かったと思うので、その課題克服のために明日からまた頑張って練習して、次節のバニーズ京都戦ではしっかりと勝ち切って一歩ずつ成長していってほしい。
s-P7060015.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
北・東・中信、長野県パルセイロ行脚お疲れ様でした。
今更ながらですが、長野県って本当に広いですよね(笑)
自分は佐久のみだったので、トップのレポート楽しみにしてます。
ところで今回のレディースの大敗は、後半になって吹き始めた強い逆風も大きかったんじゃないでしょうか。
勿論日体大は強くて、1対1の場面でも内山選手のゴール以外ずっと負けてる印象がありましたが、追い風で勢いを増したロングボール&強烈なミドルシュートは、相手のストロングポイントを更に強くしていたと思います。
まあ開幕直後の世田谷戦では、逆の展開だったにも拘わらず追いつかれた事を考えれば、日体大はクレバーな戦い方をしたって事なんでしょうね。
だからレディースには、必要以上に実力不足で負けたと感じて欲しくないです。
試合の流れだって、始まる前からレディースには不利でした。
上位相手に引き分けすら許されない状況で前半2失点。
逆転する為には攻めなければならないのに、それまで吹いてなかった風が吹き、カウンターの上手な相手に追い風が吹く。
毎週の激闘の疲労で、チームのコンディションも良くなかったんでしょう。
今シーズンで一番じゃないかってくらい、流れが悪かったんじゃないでしょうか。
確かに相手は一枚上でした。
でも、戦い方によっては決して届かない相手では無いと、大敗してもそう思わせるものがこのチームにはあると感じてます。
スーパーエースに3人も喰いついてるんだから、他の選手次第で逆にそれはチャンスですし、橋浦選手のスピードは本当に武器なので、そのスピードを最大限に活かす道がきっとある筈です。
レディースの更なる成長を信じてます。
2014/07/07(月) 22:19:58 | URL | レディース・ファン #-[ 編集]
レディース・ファン様
あ~、そういえば風向きについては自分も気になって見ていました。
普段は後半は風上に立ってプレーできたのに、この日は強い逆風だったし、おそらくレディースの試合で後半に逆風が吹いたのは初めてだったと思うので、選手達もやりづらかったところはあったでしょうね。
あとコメントを拝読して改めて考えてみると、前半の失点のし方があまりに悪かったので、「何とか取り返さなくちゃ」という強い思いが焦りに繋がったり視野が狭くなってしまったような気もします。
横山選手なども本来は自分が囲まれても広い視野でスペースにいる味方に効果的なパスが出せるハズなのに、ちょっと熱くなって強引に突破しようとしていたし、そういった意味でも日体大はおっしゃる通りウチの焦りを引き出すようなクレバーで冷静な戦いぶりだったと思うし、展開力・応用力・判断力の差があれだけの点差になって現れてきたんだと思います。
ウチも上位陣にはなかなか結果が出せず厳しいけど、でも前記の展開力などはかなり上のレベルの課題だと思われ、ウチもそういった課題と直視できるところまで成長してきた・・・という考えはちょっとポジティブ過ぎかな?
ともかく、以前に比べれば高いレベルで苦しんでいる事は間違いないし、こういった試練を乗り越える事ができればもっと大きく成長できると思うので、結果にメゲずにこれからも頑張ってほしいものですね。
2014/07/08(火) 21:18:25 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.