ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
明治安田生命J3リーグ2014第19節 vsブラウブリッツ秋田
今日は今年2試合目となるホームタウン・長野市は東和田の長野市陸上競技場での試合。
そして自分的には、5月のJ-22戦は風邪のため、6月のレディース・高槻戦は仕事のため共に欠席しており、今年初の東和田での試合観戦となる。
思えば自分が東和田でサッカーを見るのは本当に久しぶりで、まだ長野エルザ時代の2006年のシーズン途中にバドゥが監督に就任して初めての試合が確か東和田で行われたと記憶しており、またそれ以来エルザ~パルセイロの試合は一度も東和田ではやらなかったハズで、そうなると自分にとっては実に8年ぶりという事になる訳だ。

また、忘れもしない自分が長野エルザというチームと初めて出会ったのが2004年の北信越リーグ開幕戦の東和田で、あの時はメインスタジアムが補修工事中で使えず、また雨降りでバックの芝生席で傘を差しながら観戦した思い出があり、ゴール裏の声出しサポもたったの3名で観客も100人そこそこだったから、シャトルバスやクラブロゴをラッピングした臨時列車が運行されたり観戦企画きっぷが販売され、また今日はオリスタでの高校野球長野県大会決勝戦と被っていたにもかかわらず4300人の観客がスタンドを埋めた光景を見ると、少し時間はかかったけど本当によくぞここまで成長したものよ・・・と感慨もひとしおだ。
s-DSC_7587.jpg
s-DSC_7596.jpg

さて、そんな個人の思い出話はこれくらいにして、現実に目を向けるとそう感慨に浸ってばかりはいられない。
先週は本当に最悪な後味の試合で勝ち点を落とす痛過ぎる結末となってしまい、順位は金沢にも抜かれて3位に後退し、更に首位の町田とは勝ち点7差と少なくない差を付けられて、至上命題の優勝に黄色信号が点灯してしまった。
だが、リーグ戦はまだ折り返し地点を過ぎたばかりであと15試合残っており、要は四の五の言わずに残り全部勝ちゃぁー最低でも昇格の望みが残る2位以上は確保できるし、何も難しい事は無い。

ただ、そのために今のウチが乗り越えなければならない大きな課題が『決定力』。
不条理な判定に泣かされた前々節・町田戦も前節・鳥取戦も、また判定の問題は無かったが天皇杯のジェフ千葉戦も、何度かあった決定的なチャンスに1本でもゴールする事ができれば結果は自ずと違うものになっていたハズで、それだけに今日の試合はただ勝つのではなく、たとえリードしていても貪欲に“次の1点”を狙い、一つや二つ“外的要因”が入ってきても影響されないだけの複数点差で勝ち切る事が求められる。

そして今日の対戦相手のブラウブリッツ秋田は、過去の対戦成績は6勝1分0敗と相性はいいものの、JFL初年度の2011年の2勝以外は勝ち試合も全て1点差で内容的にも非常に苦しめられており、そんな難敵にスカッと複数点差で快勝できれば、チームもまた勢いに乗る事ができるだろう。

今年のウチの行く末を占うと言っても過言ではない大事な試合、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 2(1-0・1-0)0 ブラウブリッツ秋田
s-DSC_7601.jpg

今日のパルセイロは前節の悔しさをぶつけるように積極的に攻めあがり、少し遠目からでもシュートを打つなどアグレッシブな姿勢をみせてきた。
また、その積極性は守備にも表れており、秋田も細かくパスをつないで何度かスコアリングチャンスは作ったものの、ウチの厳しいプレスにシュートまで持っていけない状況で、ボールの保持率はほぼ互角ながら流れとしてはウチが優勢に進めていった感じ。
s-DSC_7610.jpg

そして前半24分、フリーキックからのゴール前の混戦でこぼれたボールを#18川鍋が態勢を崩しながらもしぶとくゴールに押し込んで遂にパルセイロが先制!
それまでもコーナーキックやフリーキックなどでゴール寸前までいくいい形を作れていたので「今日はセットプレーがカギかな」と思っていたが、キッカー#19向のボールの落としどころといい、それを頭ですらせた#2松原やゴールを決めた#18川鍋の動きといい、それぞれのアイディアに加えて泥臭くゴールへ向かう気持ち、そして少しばかりのラッキーもプラスされた“してやったり”なゴールだった。
s-DSC_7660.jpg

その後も何度かチャンスはあったものの決め切れないまま前半が終了し、先週の悪夢を繰り返さないためにも早く追加点が欲しいと願った後半だったが、その思いは早くも開始5分で叶えられた。
ゴールエリア内で#5大橋が折り返しのボールをシュートしようとしたところを相手に両足で倒されてPKを獲得!
これを#10宇野沢がしっかり決めて、課題の“次の1点”をこんなに早く取る事が出来た。
s-DSC_7711.jpg

これでとりあえず先週のような事が起こる確率はグッと減るぞと少し安心したが、できれば流れの中でもう1点ほしいところ。
しかし、後半は秋田が攻め込む時間が長くなり、何度も決定的な場面を作られて安心どころかヒヤヒヤさせられる場面が多かった。
それでも、ディフェンスが振り切られ相手と1対1の場面はGK#31田中謙吾のスーパーセーブが飛び出したり、逆にGKが飛び出してゴールがガラ空きの場面はDF陣が必死のクリアーでゴールを割らせなかったり、完全にシュートコースが空いて「さすがにこれはダメか・・・」と肝が凍りついたシュートがクロスバーに跳ね返される場面もあったり、終了間際に相手にかわされてゴールを許した・・・と思ったらオフサイドの判定に救われたり、まるで前節や前々節の悲劇を穴埋めするような幸運の連発(最後のオフサイドはウチの選手達もしっかり分かってたみたいだったけど)で相手にゴールを割らせないまま何とか逃げ切り試合終了で、リーグ戦としては3試合ぶりの勝利と相成った。
s-DSC_7745.jpg

という訳で、一応は冒頭で願った複数点差での勝利を果たしたのだが、個人的にはあまり満足できない試合だった。
スタッツこそシュート数13-4、コーナーキック8-0と圧倒しているが、特に後半はスコアリングチャンスは秋田の方が多く、ウチのディフェンス陣の頑張りはあったにせよ無失点で終わる事ができたのが不思議なくらいで、少なく見積もっても3点くらい取られてもおかしくないような感じだった。
また攻撃面でも流れの中でなかなか点を取れず、決定的な場面でボールをフカしてしまいスタンドからも歓声の後に大きなため息が聞こえたケースが何度もあり、こちらは逆にあと1~2点は取っていなければダメだろう。
今日は連敗中で順位も下位に沈んでいる秋田が相手という事で何とか勝つ事ができたが(それでも秋田も見るたびに内容がよくなっていて、結果ほど弱いチームじゃないと実感した)、これが上位陣との直接対決ともなれば、果たして同じ結果になったかどうか分からない。

それでもまぁ、美濃部監督のコメントにもあるように今日はとにかく何が何でも勝たなければいけなかった試合であり、そこでしっかり結果を出せたのは良かったと思うし、オマケに上位の町田と金沢が共に引き分けに終わったため、ウチも2位に再浮上する事ができて、優勝&昇格に再び希望の灯がともった感じだ。
それに、多少のラッキーはあったとはいえ秋田の猛攻を無失点で切り抜ける事ができたのはひとえに選手達の頑張りの賜物であり、最後まで集中力を切らさず走り抜き結果を出した選手達には大きな拍手を贈りたい。
s-DSC_7677.jpg

次節はアウェイで現在最下位のY.S.C.C.との対戦となるが、前回の対戦はスコアレスドローに終わっているし、今日も5位の盛岡と引き分けるなど、最下位といっても決して侮れない強いメンタルを持った相手だけに、ウチもアウェイだからって遠慮しないで、とにかく気持ちで負けないようガンガンとゴールへ向かう姿勢を見せ、今度こそゴールラッシュで課題を克服し上位陣との直接対決に向けて弾みをつけてほしい。

ウチの真の実力はこんなもんじゃないハズだし、今日の結果に満足せず、もっともっと高みを目指していきましょう!!

【 おまけ 】
今日の試合のもう一つのお楽しみ。
去年までウチの主力として活躍していた#25藤井貴選手の元気にプレーする姿が見られた。
s-DSC_7691.jpg

ウチでは“点取り屋”として最前線で比較的自由に走り回っていたが、秋田では何とゲームキャプテンを任され、少し下めのポジションでゲームを作っていくような仕事をしており、去年までとは少し違う藤井選手の魅力に触れられたのもよかった。
選手紹介や後半途中で交代する時にはパルセイロ側のスタンドからも温かい拍手が贈られたが、こうしてウチに在籍していた選手が新天地で活躍しているのを見るのは本当に嬉しいものだ。
しかも、今日は“恩返しゴール”が無かったのもポイント高し!(笑)
と、冗談半分本気半分の戯言はともかく、秋田も結果が伴わず苦しい試合が続くけど、前にも少し触れたように見るたびに内容が良くなっているし、その中でチームにとって大事な存在となれるよう、これからも大いに頑張ってください!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
暑かった中、応援お疲れ様でした。
昨日はゲキサカの携帯サイトで試合結果を見て喜んでいたのですが、決して「楽勝」ではなかったんですね。
それでも、今一番大事な勝ち点3をとにかく取れてよかったです。

土曜日の三ツ沢、行けるかどうかまだ未定ですが、なるべく行きたいです。
頑張って!
2014/07/28(月) 21:18:47 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
いや~、とにかく後半はヒヤヒヤしましたが勝ててよかったです。
この試合、良く言えば「あれだけのピンチをよく凌いで勝ち点3をモノにできた」となりますが、今年は昇格が懸かった重要なシーズンである中、町田や金沢など上位のライバルチームが確実に力を付けている事を考えると、こちらも自ずとチームに対する要求が厳しくなってしまいます。
次節のY.S.C.C.戦は、是非とも“強さ”を見せつけて圧倒するような完勝を期待したいものです。
その横浜遠征、自分は諸事情によりおそらく“お留守番”となりそうです(ギリギリで行けるようになるかもしれないけど、可能性は薄いかな・・・)が、もし現地まで行かれるようなら自分の分まで応援よろしくお願いします!!
2014/07/29(火) 21:10:19 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.