ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
BCL2014 vs群馬・後期8回戦@中野市営野球場(+パルセイロJ3試合雑感)
やっと・・・ようやっと、今年初めてのBCL観戦の機会が巡ってきた。

思えば4月12日に開幕した今年のBCLは、パルセイロの試合と重ならない土曜日を中心に何度か見に行くチャンスはあったのだが、そのたびに仕事やら体調不良やら雨による試合中止やらが重なって、気付けば前期はとっくに終了し、後期も既に1ヶ月が経過。
この間の信濃グランセローズは、前期の開幕直後は好調だったものの、その後は波に乗れず12勝18敗6分と上信越地区の借金を一手に背負い最下位の“指定席”に終わった。
しかし後期は、ここまで15試合を終えて9勝5敗1分で2位の新潟と1.0ゲーム差で首位につけている。

そんなセローズの今日の対戦相手、群馬ダイヤモンドペガサスは、カラバイヨ、ラミレス(ヤクルト~巨人~DeNAで活躍したあの“ラミちゃん”です)の両外国人を中心にした強打のチームで、現在最下位ながら決してあなどれない相手だ。
同一チームとの連戦はあまり組まれないBCLにあって、奇しくも群馬との3連戦となった今週末、ここまでそれぞれのホームで勝利し1勝1敗で迎えた“ホームの中のホーム”中野市営球場での3試合目は、セローズにとっては悲願の初優勝に向けて是非ともモノにしたい大事な試合だったが、その結果は以下の通り。

 群馬DP : 000 000 312 = 6
 信濃GS : 300 042 02× = 11
s-P8030001.jpg

今日のセローズの先発#74杉山は、コースも低めにコントロールされ球威もあり、現在打撃部門3冠の#42カラバイヨやNPBで大活躍したビッグネームの#3ラミレスに対しても物怖じせず、両者のバットをへし折って凡打に仕留める上々の立ち上がり。
すると1回裏、セローズは5番#80バルデスに3ランホームランが飛び出し幸先よく3点を先制した。

杉山はその後もランナーは出すものの要所を締めて得点を許さないエースの風格満点のピッチングを見せると、5回裏には1死3塁から3番#8竜太郎のタイムリーで1点追加し、更に5番#80バルデスの高ぁ~くバウンドした3塁ゴロが内野安打となって3塁走者が生還、更に3塁から1塁への送球の隙を見て2塁走者の竜太郎も果敢にホームを陥れるナイスランが功を奏して“2点タイムリー内野安打”という離れ業を演じるなど、打者一巡の猛攻で4点を加え、更に続く6回にも2点を追加して9-0と大量リードになった。
s-P8030003.jpg

「こりゃ今日は余裕で勝てますな~」と左手で団扇をあおぎながら(←一応“左うちわ”のコトを言っていますので念のため。。)見ていたが、しかし杉山がお役御免でマウンドを降りた7回からがマズかった。
エースの後を継いだ松本大学出身のルーキー#18小川は、球のキレこそあったが単調なピッチングで群馬打線につかまり、8番#9茂原に2ランHRを浴びるなど3失点を許すと、8回に出てきたセットアッパー#99マイケルもテンポの悪いピッチングで1失点。
更に最終回を任された絶対的守護神・#20篠田までもが味方のエラーもあって連打を許し2失点と散々な出来で、セローズも8回にも2点を追加し大量リードで余裕はあったにせよ、群馬も8回には5番#28井野口のライトポールギリギリの大飛球が一旦は「ポールを巻いた」として2ランHRと判定されたもののセローズ側の抗議と審判団の協議でファールに変更になったり、9回には満塁の場面で#42カラバイヨ・#3ラミレスに回ってくるというヒヤヒヤものの展開があり、4時間弱という長い試合時間と相まって最後はドッと疲れが出たような試合となった。

それにしても、中継ぎや抑えの投手は大量リードの時は得てして気持ちが入らず打ち込まれてしまうというのはよくある話ではあるものの、今日の試合はその傾向があまりにも顕著で、勝ちはしたものの今後に向けて少々不満の残る試合となってしまった。(このあたり、なかなか調子に乗り切れないどっかのオレンジのチームと似てますな・・・)

上信越地区は群馬も新潟も実力が高く、今は首位でもちょっとでも隙を見せるとすぐに追い抜かれてしまうだけに、11点取っての大勝という結果だけを見て満足する事なく悪かった点はしっかり修正し、今期こそ悲願の初優勝を掴みとってほしい。
s-P8030009.jpg


そして・・・

明治安田生命J3リーグ第20節@横浜市三ツ沢公園陸上競技場
Y.S.C.C.横浜 1(0-0・1-1)1 AC長野パルセイロ

昨日行われたJ3は、横浜という行きやすい場所ではあったものの自分は諸般の事情で“お留守番”となり、携帯速報で戦況を見守っていたのだが、後半15分に#13勝又のゴールで先制して「よっしゃぁ~~!!」と喜んだのも束の間、後半37分に同点を許して結局そのままドローとなり、最下位相手に非常に手痛い勝ち点を落としてしまった。
自分はその日のうちに『J3リーグハイライト』を見られないので詳しい戦況は分らないが、スタッツを見るとシュート数13-2、コーナーキック11-2と圧倒していながら“次の1点”が奪えず下位チームに勝ち切れないあたり、今年のウチを象徴した試合といえるんじゃないだろうか。
特に昨日は、対戦相手が非常に強いメンタルを持ったYS横浜という事で、戦術とか作戦とかではなく気持ちの面で負けてしまっていたんじゃないかと想像する。

今節の上位陣は首位の町田は藤枝に勝ったものの、3位の金沢が巻き返しを狙う4位の鳥取に負けたため、ウチは辛うじて昇格圏内である2位の座は守れたが、ウチも今のままでは虎視眈々と昇格を狙う金沢や鳥取からの突き上げに耐え切るのは難しいだろう。
そんな尻に火が付いた状態で迎える次節は、よりによって直近のライバルである金沢が相手という事で、もしこの試合を落とすようなら今年の昇格はほぼ絶望的となり、某テレビ局の陳腐な煽り文句ではなく本当に本当の『絶対に負けられない戦い』となる。
今年の金沢は、例年なら順位を下げていく夏場のこの時期になってもしっかり上位に喰らい付いており、去年までより明らかにチーム力を上げていて、これまでの対戦成績はほとんど参考にならないだろう。
幸い、この試合は我等がホームタウン・長野市営陸上競技場で行えるので、また大勢のサポに足を運んでもらい、満員の東和田で大きな声援の後押しを受けて、何が何でもこの大一番をモノにしましょう!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
蒸し暑い中、長時間に渡るハラハラドキドキの観戦、たいへんお疲れ様でした。
正直、こんなに心臓に悪い試合は、某オレンジチームだけでお腹いっぱいです。メタボにもかかわらず(笑)
そのオレンジ軍団の試合ですが、パブリックビューイングで見てきました。
確かにCKやクロスの精度が足りなかった部分はありますが、それでもドン引きの相手に、いつものような横パスは殆ど無く、果敢にゴールに向かって攻めていたと思います。
1点しか獲れなかったのは決定力というより、PA内に人数をかけた相手選手の壁をこじ開けながらのもので、フリーでは全く撃たせてもらえませんでした。
その点では、横浜の守備は本当に頑張っていました。とにかく、崩れたってシーンが無かったです。
だからこそ、勝又選手のゴールは、正に執念でねじ込んだ素晴らしいものだったと思います。
惜しむらくは、サッカーをやるには常軌を逸したような炎天下の中、内容も運動量も完全に上回っていただけに、90分間でたった一回集中が途切れた所で、それまで全くチャンスを作れなかった相手に決められてしまった事です。
追加点が獲れなかったからってのは実際その通りですが、1点リードしている上位チームが我武者羅に攻め続け、その結果最下位のチームにカウンターでやられるという。
繰り返しになりますが、あの日のパルセイロはいつも以上に気持ちも入っていたし、運動量も多く、パスも動きもゴールに向かっていた(まあ画面を通してですから、現地で応援されていた方とは受けた印象は違うかもしれませんが)と感じました。
専門的な事は勿論分りませんが、少なくとも、選手の勝ちたいという気持ちが足りなかったとは微塵も思いません。
日曜日の東和田、ブログ主様のおっしゃる通り、一人でも多くの人にスタジアムに来て貰い、選手に勇気を与えて欲しいと思います。
パルセイロ頑張れ!!
という事で取り敢えず、日曜日に台風の影響が出ないよう祈ってます(笑)

2014/08/04(月) 19:53:32 | URL | レディース・ファン #-[ 編集]
レディース・ファン様
YSCC戦のレポ、本当にありがとうございます。
正直なところ、土曜日に結果を知った時は「この期に及んでまたしても勝負弱さが出たか。こりゃ今年の昇格はちょっと厳しいかな・・・」と心が折れかけ、日曜日の野球も気持ちの隅っこにモンモンとした物を抱えたまま観戦していましたが、実際は選手達は最悪な条件の中で最後まで戦い抜いていたんですね。
ガチガチに引いてくる相手の守備をこじ開ける決定力や、信毎の記事にもあったように試合の終わらせ方に関する意思統一など課題は残ったようですが、選手達に前へ向かう気持ちがあった事が分かっただけで十分です。
これで今週末は、自分も気持ちを切り替え希望を持って東和田に向かえそうです。
週末は台風が気になるけど、何とか影響なく大勢の方々に足を運んでもらい、宿敵・金沢との大事な一戦を絶対にモノにしたいですね。
我々も応援頑張って、絶対に勝利を掴み取りましょう!!
2014/08/04(月) 22:07:21 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.